美味しいごはんの炊き方

米・食味鑑定士でもある農場主がおすすめする、炊飯器で炊く美味しいごはんの炊き方をご紹介します。
簡単にできるちょっとしたことで味に違いがでてきますので、お試しください。

1.お米を量る


お米を量るときは、重さで量るのがおすすめです。
1合=150gで量ってください。

1合=1カップ、と体積で量るとお米の粒の大きさによって量る度にばらつきがでてしまいます。重さで量る方が常に量が一定になります。

2.お米を研ぐ(1度目)


ボウルにザルを重ね、ザルに計量したお米を入れて水を注ぎます。ササッとお米を研いだらすぐに水を捨てます。

1度目は、乾燥したお米がすぐに水を吸うため、ぬかやごみを含んだ水をお米が吸収しないために、手早く水を捨てます。

一度目のお米を研ぐときに使う水、炊飯のときに使う水は、お米がもっとも水を吸収します。ミネラルウォーター、浄水器の水などをこだわりの水を使って炊く場合、研ぐときから使用するようにしましょう。

3.お米を研ぐ(2度目


1度目と同じように研ぎます。

4.お米を研ぐ(3度目)


指を立てて、ザルの中のお米を優しく混ぜるように10回程度かき混ぜ、水を入れ替えます。
ぬかの風味も楽しみたい方は1~2回、すっきり爽やかなお米を楽しみたい方は3~4回繰り返します。お好みで回数は加減してください。

強い力でゴシゴシ洗うとお米が割れてしまうので、優しく研いでください。

5.水を切る。


ザルに入れて、水が垂れなくなるまで1~2分程度水を切ります。

長い時間放置するとお米が乾燥して割れてしまうので注意してください。

6.水を入れる。


水を切ったら炊飯器の釜に移し、計量したお米の量の目盛りまで水を入れます。
水に浸す時間はお米の状態によって変化します。精米したての新鮮なお米は水分を多く含んでいるので、長い時間水に浸す必要はありません(すぐに炊いても結構です)。精米してしばらく(1ヶ月程度)経つようであれば10分程度浸水させてから炊きます。
なお、お水は冷たいお水をお使いください。

新米は気持ち少なめのお水で。お水の量は、お好みに合わせて増減して下さい。

7.炊きあがり。ほぐします。


炊きあがったらしゃもじでほぐします。

ごはん粒をつぶさないように縦にしゃもじを入れ、釜の底から柔らかく、まんべんなく空気を入れるようにほぐし、余計な蒸気を飛ばします。