新潟・南魚沼、新規就農の
小さな農家です。

お米好きが高じて、新潟・南魚沼で農家さんのお米づくりのお手伝いを始めてから8年。
自分の手で安全で安心で美味しいと思えるお米を作ってみたい、という気持ちから、東京から
Iターンで”nyufarm(ニュウファーム)”として2017年に新規就農しました。

農薬や化学肥料は一切使わず、美味しいお米が育つよう、稲が気持ちよくのびのびと育つ環境を整えるために、
こまめに田んぼに入って雑草を取ったり、水の加減を細かく調整するなどしつつ、楽しみながらお米作りをしています。

また、ごく普通の消費者であった目線も活かして、生産方法の他にも、保管から精米・発送、そして皆様の食卓にあがるまでのことを思い描きながら、美味しいお米をお届けするために、農家としてできることは何かを考え、ひとつひとつ実践していきたと考えています。

お米づくりに最適な自然環境。南魚沼・八海山の麓。

ニュウファームのある新潟・南魚沼は、お米づくりに最適な自然環境に恵まれた稀有な地域です。

冬に降る背丈を超えるような雪が源となり、時間をかけて”山の出汁”ミネラルをたっぷり含んで湧き出てくる冷たく清らかな雪解け水。

水量豊富な魚野川が豊富な養分を運んできた肥沃な土壌。

そして八海山をはじめとする山々に囲まれた盆地という地形から、米の生育が進む夏場は、日中は暑く、夜から朝にかけてぐっと冷え込む昼夜の寒暖差。

これらの絶妙なバランスによって、稲の成長が促進されて、美味しいお米が実っていきます。